FC2ブログ

4月のプログラム表ができました!

プログラムH23.4


4月のイベントは、「イチゴ狩り」を予定しています!!
スポンサーサイト

暮らしの知恵~地震に備えて

先日、大きな地震がありました。

被災者の方たちはもちろんのこと、これを読んで下さっている方も大変な思いをされているのではないでしょうか。

地震発生時、デイケアに参加されていた方も多かったのですが、皆さん比較的落ち着いて非難することができました。しかし、突然の出来事に戸惑うこともたくさんありましたね。

そこで、先日の「暮らしの知恵」プログラムでは、皆で地震について考えました。


地震発生時の行動ポイントとして、このようなことを話し合いました。

まずは自分の身を守る
→では、どうやって??  
 ・机の下にもぐる
 ・タオルや頭巾、毛布などで頭を守る
 ・窓から離れる(ガラスが割れて飛び散る可能性があるので)
 ・姿勢を低くする(しゃがむ)

②次に、火の元の確認/火の始末  
   揺れを感じたときにすぐ火の始末をすると、ヤケドをする可能性があるので慌てず大揺れがおさまってから火を消しましょう。

家族が無事かどうか確認する
→では、どうやって確認する?? 
 ・外出中の家族は??
 ・家にいる場合………名前を呼ぶ、人数確認をする
 ・家にいない場合や離れている場合………℡やメールで安否を確認する。
                   ※しかしすぐには繋がらないので、繋がらなくても慌てず落ち着いて待つ

避難経路の確保 
 揺れによって入り口がゆがんで、ドアや窓が開かなくなってしまうこともあります。ドアや窓は開けておきましょう。
 →考えられる危険は?
 ・電柱が倒れる
 ・地割れ
 ・水道管破裂
 ・余震
 ・津波………高台に逃げる
 ・山…………溶岩、土砂崩れ、なだれ、落石に注意する

ご自分の体験などまじえて、話し合うことができました。


また、非常袋には何を入れるか?について、皆で考えてみました。


・非常食!!
 缶詰、カップめん、カンパン、カロリーメイト、乾麺など・・・
 (ただし、めん類はお湯が使える場合に限る)

・ラジオ            ・地図
・懐中電灯(電池も)      ・方位磁針
・毛布(小さいもの)      ・カイロ
・上着(防寒)         ・ハンカチ(ケガをした時にも使える!)
・頭巾             ・ビニール袋
・小銭(℡用)         ・電池式携帯電話充電器
・水              ・救急セット
・携帯トイレ          ・ティッシュ
・ロウソク           ・マッチ、ライター

☆注意すること
・定期的に中身を確認すること(特に食べ物は賞味期限に注意)
・重過ぎないようにすること(持ち運べるように)

※今は無理に用意せず、この状況が落ち着いたらにしましょう。

 物資はあるとのことなので買占めなどしないようにしたり、また節電をするなど、自分たちにできることから始めると良いですね。
 大変な状況で、疲れが出たり、気持ちが不安定になる方も多いと思いますが、他の人とそんな気持ちを共有(他の人に話す)したり、休める時にゆっくり休んだりして乗り切りましょう!

デイケアは通常通りやっていますので安心して来所してください(^o^)


イベント~ケーキを食べに行こう♪

2月28日に、2月のイベントで近くの某レストランにケーキを食べに行きました。
あいにくの雨で寒い日でしたが、たくさんの方が参加され、ワイワイと楽しくケーキを食べながらおしゃべりしてきました♪

ジャーン!!
不二家ケーキ

おいしそうですね~♪
予算内でみなさん、好きなケーキやドリンクバーを注文しました。中には、ホットケーキやパフェを注文した方もいましたね。


食べ終えた後は、帰る時間まで楽しくおしゃべりをしました。

このように、たまには甘いもの(好きなもの)を食べたり、みんなでおしゃべりしたりすることでストレス解消にもつながり、また次の日から頑張れることもありますね。

また、イベントの後は、撮った写真をみんなで貼りながら「こうだったね。」「あんなことあったね。」とお話するのも楽しみの一つです。

係の方も、何度も変更がありながらも、最後までしっかりと役割を果たしてくれました。お疲れ様でした☆

来月のイベントも盛り上がるといいですね!

3月のプログラム

三寒四温といいますが、寒暖の差が大きく体調管理が難しい時期ですね。

体調管理をするには、適度な休養も必要。疲れているなぁと感じたら、

ゆっくり休んだり、リラックスできる時間を作るのもいいかもしれないですよね。


3月のプログラムです。
img050_convert_20110302095325.jpg