FC2ブログ

4月のプログラム予定


桜が少しずつ咲いてきましたね。

4月のプログラム予定表が出来ました!
4月
スポンサーサイト



お花見イベント

3月25日は、お花見、お茶会のイベントを行いました。

雨が降ってしまい、あいにくのお天気でしたが、畳のデイルームにてメンバーさんみんなで飾り付けをしたり、お花を飾ったりして、本当にお花見をしている気分でした♪

お茶会では、茶道プログラムでいつもやっているようにお茶をたてました。
ひよこの形の羊羹やおせんべいのお茶菓子とともに、お抹茶を美味しくいただきました。



イベントを行うにあたって、「イベント係」を中心に、みんなで内容(何をするか、場所、昼食はどうするか、時間は?等)を決めます。これによって「計画を立てる」という練習になります。
 また、特に今回のように室内のイベントでは「会場設営」が必要になってきますが、常に誰かの指示に従って動くのではなくそれぞれが各自で仕事を見つけられるようになります。
 このように、イベントにはただ「楽しむ」という目的だけでなく、コミュニケーションのとり方の練習、集団の中での役割を見つける、余暇の過ごし方を見つける、というような効果があります。
 普段の生活の中ではもちろん、職場でも必要になってくることではないでしょうか。


また後日、桜が咲いた頃にお散歩がてらお花見にいきたいと思います。

初めてのSST

今日は、デイケア桜では初めてのSST(生活技能訓練)をやりました。

SSTの目的は自分の考えや感情をうまく伝えられるようになることです。


まず、今日は自己紹介と、それぞれ生活で困っていることを挙げて、その中からテーマを決めました。
会話の中で「話がずれてしまう」ことについて、ロールプレイ(実演)、その後「よかった点」「こうするともっとよくなる!」というところについて「ロールプレイをする際の6つのポイント」に基づいて意見を出し合いました。


6つのポイントとは、
①視線を合わせる、②手を使って表現する、③身を乗り出して話をする、④明るい表情、⑤はっきりと大きな声で話す、⑥話の内容が適切 です。

 また、この6つのポイントは、その状況によっても変わる、という意見も出ました。①はずっと見つめていたら逆に相手に不快感を与えることもあるし、にらみつけているようにも見えてしまうこともあるのでほどほどに。また、③は、面接などの場合にはあまりにも姿勢が悪かったら逆効果、⑤については、近くにいる相手に大声で話したら相手を驚かせてしまう、など。


 
 簡単にできそう、またはできていそうに見えて、こうしてやってみると実は出来ていなかったり、難しかったりすることに気づきます。
 本日感じたこと、また「こうするともっとよい」と出た意見を今後の生活に生かして行きましょう!!

3月プログラム

3月のプログラムが完成しました。

3月から新しいプログラム「SST」が始まります。

「SST]とは生活していく中で、「自分をどうやって表現したらいいかわからない」

「相手に伝えたいことがうまく伝わらなかった」などコミュニケーションの

悩みを持つ方のために、練習してスキルを身につけ生活に役立てて行けるプログラムになっています。

      img031.jpg


デイケアについての相談は

浦和すずのきクリニック
デイケア桜まで

TEL:048--854-5566